空を見上げたときに、思わず撮ってしまった一枚。

実は、小学生の頃の詩集に載せた「詩」を思い出したから。

家の中をごそごそ探したのですが、
残念ながら、現物の発見にはいたりませんでした><

なぜかその中に自分で書いた「挿絵」も鮮明に覚えています。

内容は、、確か、、、

あの道は、天使が幸せを運びに降りてくる光の道、、、

なんて内容であったと思います。

さしえは、雲間から光がさしていて、

羽の生えた笑顔の天使がリボンがかかった箱をもって
「光の道」を降りてきているものでした。

いつも、こんな空を見ると、
シャッター、、、と思うのですが、
携帯ですと上手くとれず、やっと念願叶い、デジカメでおさめることができました。

空を眺めたり、星を見たり、

公園に行ってつむじ風がおきれば「そこには妖精がいる、、」

そんなことが楽しくて仕方なかった頃を思い出させてくれます。

よく木登りしては、、
そこにいると、、思っている、、、妖精に話しかけたりしてました^^

妖精が見えない自分は「よくない子」なのかな、、、なんて。

走り回ったり、山へ行ったり、川で泳いでみたり、、、

懐かしい思い出がよみがえりました。

2 thoughts on “小学生の頃の詩と光の道

  1. ♪まっくろくろすけでておいでぇ~♪

    雲の合間からの日のひかり
    なんとなくこころを揺り動かすなぁ
    しょりが一条だけ得であろうと」何条であろうと
    雨が降りのときはちょっと不思議な気分

    むかぁ~すむかす、キリスト教圏のひとたちも
    天使が舞い降りるんを見たんやろな(今もかな?)

    しゃてちょいと現実にもどりやすて
    アテ、疑問に思とることが前からあんねん
    太陽のひかりは、平行なひかりで地球に来るとゆうんやけど
    雲の切れ目、合間から差すひかりは、なんで平行とちゃうねやろ?

コメントを残す