今日も明日も当たり前に過ぎていくかもしれない。
 毎日毎日、、あっという間の一日かもしれない。

 いつも見慣れている風景かもしれない。

 いつも歩き慣れている道かもしれない。

 でも、10年後は?30年後は?、、

 私には『いつもの当たり前の日常』

 でも、、、、

 子供にとって、孫にとっては、、、??

先日、お稽古の帰り道そんなことを考えました。

お店はつぶれたり、入れ替わったり、、
古風な家が新築になったり、、、

当たり前の日常であっても、
実は、めまぐるしく変わる風景があることも現実。

だから、私には見慣れた商店街も、
なんとなく通り過ぎるお店も、、、、

「10年後は無いかもしれない、、、」

ふと、、そんなことを思いました。
花花

 

 

 

 

 

 

 

町も今当たり前の設備も、
もっともっと、、進化するかも、、。

そうしたら、「スイカ」も「パスネット」も「踏み切りも」、、、

当たり前のものが当たり前でなくなっているかもしれない、、、。

そんな風に思ったら、、、こう思ったのです。。

こんな当たり前の毎日でも、
 孫や若い子に「昔はこうだった、、、」と話すときを考えたら、
 なんだかとても新鮮にうつるものだな。

と。

今でも、「昔はね、、、」
なんてお話しを聞きます。「若い頃は、、」なんてお話も。

私はそれを楽しく、興味深く、時には、、、ちょっぴり同じ繰り返しがくどくても、、、
私にもその番がやってくる

そう考えてみると、楽しく、懐かしく話が出来たら、、、そんな風に思ったんです。

そんなことを考えついた時から、、、

当たり前の日常、風景、、、
 色々な「当たり前」がとてもはかなく、(?)
 新鮮に見え、町の風景の見方も変わり、
 いつも行かない道を歩いてみたり、、いつも見ない高い看板を見上げてみたり、、

 ちょっぴり毎日が楽しみになりました。

なんてことは無い「ふ」っとしたときに思いついたことですが、
いま、こんなに当たり前のようにいる年上の方達のような、
暖かい人になってみたいです。

『今から、、、そんなおばあさんみたいなこと、、、』

と言われてしまいそうですが、、、(笑)

そんな風に街を、日常を振り返ってみるのも時にはいいものです。

なんだか「毎日楽しく生きなきゃ!!」という気にちょっぴりでもさせてくれます。

ちなみにお花は、
事務所の玄関にある「沈丁花」  今大好きな香りがしています。
もう一方は、最近の仲間入り、、。。
「ボケ」の花。  とても品があってかわいいのです。。

8 thoughts on “何気ない、当たり前の毎日でも、、、、、

  1. 忙しいときは分からないのだけど、ふっと立ち止まって振り返ってみると、日常の風景が新鮮に見える瞬間ってありますよね。 今見えてないかもわたし。余裕がないんですよねぇ・・・ きっと(-.-)y-~~~

  2. もう沈丁花の香りですか。良いですね。我家はまだ蕾です。もう直ぐ春ですね。季節の中で人は生きていく。季節とその時代のことをしっかりと噛みしめて、そして、十年後か二十年後に美菜に確実に伝えるために。今を生きるそして明日からも・・・。がんばるぞぉ~♪

コメントを残す