津軽三味線津軽三味線
先日、「高橋 孝」さんのライブを聞いてきました。

実は、津軽三味線を生で見たのはこれがはじめて。

楽器、津軽三味線の発見は、とても新鮮な物でした。

①撥皮がコマの方まであり、長方形のようについている

 ②コマは、竹が土台になり、糸道のところが象牙

 ③コマは「新内」の上調子くらいの低さ(とても低いです)

 ④胴の端からコマの近くまでと、広い範囲で撥を使い、
  場所によって大きく音色が異なる

一番おどろいたのが④!!

写真を見ていただければわかるかな、、。

私たち「新内」や、「長唄」「清元」など、
撥皮(撥が当たっても皮が破けないように胴に貼り付けられている皮。
上記の種類は、当たるところが少なく、半月型に張られている)
は、とても小さい物です。

写真で見ると大体5cmくらいですか。

津軽三味線は、コマの方まで撥皮が!!

写真から推測して多分13cmくらいでしょうか。
15は無いかとは思うのですが、、。

はじめは何が張られているのか聞くまでわからなかった、、。

その、撥皮が張られている範囲を巧みに使い分け、
色々な音色が出るんです。

とても勉強になりました。

演奏していたのは、

高橋 孝 さん

聞けば、18からプロを目指して修行していたとか。

「23までは彼女なんかつくらずに芸に励め!!」
と師匠に教えられ、多感な時期を芸で一色に染めていたとか。

歌声は、とても「スケールの大きな声」

なんとも広い世界観がぴったりの声でした。

民謡出らしい発声ですが、
全くいやみが無く、これから期待の星のかたです!!

もちろん、三味線の腕前も、、。

チェロが入ったりととても楽しいひと時でした。

5 thoughts on “津軽三味線と高橋孝さん

コメントを残す